チェンライの市場から

「市場に並べられた商品からその国の生活がわかる」と言われます。当ブログを通じてチェンライに暮らす人々の生活を知って頂きたいと思います。 チェンライに来たのは2009年から、介護ロングステイは2018年8月母の死去で終わりとなり、一人で新しい生活を始めました。

性能についていけない

フォルツァ350 ジャケット着用 こんな感じ 見やすい パータン、メコンが見える パータン、山の下はラオス領 性能についていけない ■バイク用ジャケット乾季になると朝の最低気温は20度を下回る。今朝、近くのサンサーイ市場にスクータで行った。フォルツァ35…

お世話になった番組

昨年12月、チェンライの花祭りから 同上 蘭ばかりでなくクロッカスも やはり蘭はきれい 百合も定番 お世話になった番組 ■お気に入り番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」のファンだった。このニュース番組は週5回2時間の放映、自分から見ると常識的、良識に基…

原稿書きの工夫

ドイ・パータン、メコンが見える 同上 マリファナ 隣家で栽培中のマリファナ 一鉢、持って行っていいよと言われたが 陰干し中のマリファナ、日本なら結構な値段 原稿書きの工夫 ■経験談だけではなく ブログの読者からアンタは物知りだね、と言われることがあ…

感染症の影響

チェンライの市場 同上 同上、山岳民族の店 ロイクラトン、夜店 同上、焼きそば各種 寿司はここでも人気 感染症の影響■感染症は終息去年の11月17日に羽田からスワンナプーム空港に到着した。タイに戻ってちょうど1年になる。年を取ると1年が短く感じられると…

為替よりも重要なこと

ドイ・パータンからタイ側を臨む ラオス側 遠くにメコンが見える シーズンには人が数珠つなぎになるというが 104高地、パテトラオを迎え撃つ軍事施設があった 岩だらけの道為替よりも重要なこと■円安苦境日本のテレビニュースで昨今の円安を取り上げていた。…

ハイキング

フォルツァ350 ドイ・パータン ラオス領を見下ろす、メコンが見える メコン河 同上 こんな山道を歩くハイキング■ドイ・パータン友人からハイキングに誘われた。場所は我が家から150キロほど離れたタイ、ラオス国境にあるドイ・パータン、ドイ・パータンは山…

乾季最大の祭り

近所のロイクラトン 人出は多かった 月食だった 元に戻った月、望遠で マスクは半数 ステージに上がってみんなで踊る乾季最大の祭り■ロイクラトン11月8日は旧暦12月の満月の日、タイ全国でロイクラトンの祭りが開かれる。「ロイ」は流す、「クラトン」はバナ…

テニス、やってます

6月のチェンライテニストーナメントから タイの健康少女、サラちゃん 荒川選手の鋭い振り サーブはジャンプ リターン、ジャンプ 返球を待つ体勢 テニス、やってます■乾季到来タイ気象局は、タイが10月29日に雨季が明け寒季(乾季)入りすると宣言した。昨年…

海の幸は貧弱

ロブスターが主役 魚は右手のスズキだけ 転倒のカブトガニ、ひっくり返されている 日本のカブトガニ 三葉虫の化石 田ウナギ、サンサイ市場で海の幸は貧弱 ■魚はあまり食べない国タイではあまり魚が食べられていないと思う。先ず、魚の種類が少ない。市場のお…

常識と思っていても

メコン河,船に注目 望遠で同じ位置から 同上、望遠83倍の威力 対岸のラオスでは建設ラッシュ ホテル食堂のテラスから ホテルの食堂 常識と思っていても ■自分が基準日本のいいところはどんなところですか、という質問がよくクオーラに出てくる。安全、公共…

種や苗木が同じでも

パヤオ湖の夕暮れ 同上 夜市が開かれていた 寿司はどこでも人気 アボガド シャインマスカット、中国産 種や苗木が同じでも■出安居10月10日は日本もタイも国民の休日だった。日本はスポーツの日、1964年の東京オリンピック開催を記念して制定された国民の祝日…

多民族国家ロシア

メーサイのタイ・ミャンマー国境、閉鎖中 国境を隔てるメ―サイ川、手前の泥のところまで氾濫した ゴールデントライアングル、手前がタイ領、突き出した部分がミャンマー領、写真右側がラオス領 対岸のラオス領には中国資本の高層ビルが 雨季でメコンの流れは…

老人性うつ

プラチュアップキリカーンの海岸、このあたりに日本軍が上陸した 日タイ軍事衝突の記念レリーフ 同上 こう打てばいいとわかっているが もうこんなにジャンプできない この手の動きは参考になる 老人性うつ ■ミスが多くなった年のせいにしたくはないのだけれ…

観光客は戻るか

チェンマイ最大の仏塔、ワットチェディルアン チェンマイ、日曜市 9月のスワンナプーム国際空港、今はマスク無しではないだろうか フアヒン駅 フアヒン、王室専用駅舎 フアヒンのバザールで 観光客は戻るか ■対策を大幅に緩和10月1日よりタイ入国が容易にな…

同世代2割の立場から

チェンマイのセンタン・フェスティバル 店内にアイススケート場があった 天丼のてんや 大戸屋 ふみ、すべておいしい やよい軒の味噌カツ定食 同世代2割の立場から ■会話が成り立たないIQが20違うと会話が成り立たない、と言われているそうだ。最近は何かとい…

円安と和食

センタン・フェスティバル、4階建て かつや 黒トリュフラーメン299B やよい軒、200B前後が多い 饂飩屋銀の入口 銀のメニュー 円安と和食 ■4割減チェンライで暮らす邦人の最大関心事の一つは為替である。円安で手取りバーツが少なくなっている。民主党政権時…

住みやすい国は

フアヒンの朝 プラチュアップキリカーンの浜 漁船 誰も泳いでいない 空軍基地内の浜 同上、泳いでもいいらしいけれど・・・ 住みやすい国は ■マレーシア以下、最近のクオーラからの引用。(Quora 『クオーラ』とはコミュニティサイトの一種で質問や質問に対…

フアヒン一人旅(3)

フアヒンの馬 海岸へ続く土産物店、人が少ない フアヒン、海の家 波打ち際で遊ぶ子供 同上、もちろん望遠撮影 フアヒン夕暮れ、波は静かフアヒン一人旅(3) ■フアヒンの思い出 フアヒンには1度来たことがある。8年前の2014年5月20日だ。どうして日付を覚え…

フアヒン一人旅(2)

見渡す限り砂浜が続く 蟹の作った模様 砂団子を巣穴の周りに並べる 第5航空隊歴史博物館 勇敢なる航空兵の彫像 日泰戦闘のレリーフ フアヒン一人旅(2) ■旅の目的たまたま購入したチェンライーバンコクの航空券を無駄にしたくないためにフアヒン旅行をくっ…

日本語について

ポスター 全員故人 チェンライ土曜市 ナツメヤシを売っています。 時計は一つ100B, ちゃんと動きます。 屋台の下で 日本語について ■語彙数の差ある日、黒沢監督の「七人の侍」を観たくなった。無料配信動画を検索してみたが、古いとはいえ人気映画なのか、…

フアヒン一人旅

ベトジェットのパンフ 普通の水が20B、エビアンは85B 展望台への案内ボード 展望台フロア ホッケ定食が850B 1階8番出口横のフードコート フアヒン一人旅 ■保険付きクレジットカード話は2カ月前に遡る。テニスをしていると心臓の鼓動がおかしくなり、呼吸…

悪い予感はよく当たる

ボークルアの塩、一袋20B 小分けされた塩、50B サンサーイ市場 手前のキュウリは一皿20B 果物、手前はロンコン 一房15B(50円弱)手前の房は5B(20円) 悪い予感はよく当たる ■雨季でもテニス1年中、短パンとT シャツで過ごせるから、タイは常夏の国で年…

海外の日本国民

チェンライ花祭りから 蘭の花 種類が多い やはりきれい 自分の好み 黄色い蘭も 海外の日本国民 ■海外在留日本人数平成元年の海外在留日本人数は長期滞在者、永住者を含めて60万人弱でこの数は年々増え続け、令和元年には140万人を越えた。でもこれ以降、感染…

衝撃の一冊

アチャナ仏 同上 ワットサーシー、スコタイ歴史公園内 ラームカムヘーン大王、誰も本物を見たことはない ラームカムヘーン大王碑文(レプリカ) ラーマ4世 衝撃の一冊 ■「タイのかたち」日本にいた時、最も衝撃を受けた本は、大阪外国語大学元学長、赤木攻先…

塩の買い出し

塩の井戸、まだ現役 塩の製造設備 ストックは十分 品揃えが増えた ゲストハウスのベランダから 同上 塩の買い出し ■古代塩 チェンライ土産として、熱狂的に受け入れられているものが2つある。一つは我々が愛飲している花園珈琲、もう一つはナーン県ボークル…

感染症対策緩和

チェンライ郊外 青田が広がる バナナがなければ日本と同じ風景 田植えをしたばかり 結構育っている みな同じ日の撮影 感染症対策緩和 ■おかしな水際対策 昨年の11月にタイに戻ったが、入国に際してはタイランドパスというビザと共にタイの医療保険の付保、並…

チェンマイは文化都市

サンデーマーケットを歩くファランの家族 どれにしようか、目移りする子 絵を並べている所 お土産用か お寿司の店、チェンライよりおいしそう カウパットの露店 チェンマイは文化都市 ■チェンマイのナイトマーケット 8月は3回続けて週末にドライブ旅行した。…

気力・体力・知力

チェンマイ国立博物館から 同上 同上 同上 同上 同上 気力・体力・知力 ■まずは体力 曽野綾子さんは、「人は、一度に死ぬのではない。機能が少しずつ死んでいるのである」と書いている。年を取ってくるとその通りだなあ、と思う。先ず、歯が悪くなる、次に目…

博物館見学

チェンマイ国立博物館本館正面 入り口にある釈迦座像 ランナーの聖仏、プラ・セン・サン 同上 触地印の釈迦像 館内展示 博物館見学 ■チェンマイ国立博物館チェンマイ国立博物館は北部タイを代表する博物館と言われている。自分の住むチェンライにはチェンラ…

3年ぶりの戦没者慰霊祭

ムーンサーン寺院、展示館前の祭場 僧侶による読経 約30名ほどの参列者 献花 展示館の写真、友好的な関係だったことがわかる 展示館のお知らせ 3年ぶりの戦没者慰霊祭 ■心優しかった将兵へ追悼と感謝今年も8月15日がやってきた。この日、チェンマイでは毎年…